睡眠負債

こんにちは 眠りの専門店 越屋ふとん店です。
「睡眠負債」という言葉をご存じでしょうか?
日頃、必要十分な睡眠時間がとれず、寝不足が続き
徐々に積み重なったマイナス分の睡眠時間=「負債」を示す言葉です。

先日、NHKで「睡眠負債が危ない」という特集番組が生放送で放映されました。
その中で、リアルタイムで集計したアンケート(25万人以上が参加)でも
半数以上の方が日頃から必要十分な睡眠時間を得られず
「睡眠負債」の状態である結果が出ました。

恒常的に「睡眠負債」の状態が続くと

脳の活動が低下——->判断力が鈍くなり仕事の効率が低下、交通事故の発生リスクが増加

免疫力が低下 ——->ガンなどの病気の発生リスクが増加

というように日常生活に支障を起こす原因となるのです。
しかし、「睡眠負債」をかかえる本人は大きな支障が発生するまで
自分が寝不足状態であるという自覚があまり無いという事も特徴であり、
これが「睡眠負債が危ない」と言われる理由の一つです。
少しずつ借金を重ねることに慣れてしまって、気が付いた頃には返済が困難な負債に
なってしまう様子に似ていますね。

「睡眠負債」はあまり貯めこまず小まめに返済することが大切です。
平日の睡眠時間より、休日の睡眠時間が2時間以上多い人は
「睡眠負債」の可能性が高いと言われています。

日頃、ちょっとしたコツがあれば、この「睡眠負債」の増加を防ぐことも
分かってきています。このコツについては次回のブログで書こうと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP